メニュー 閉じる

【実録】思春期に性別が変わる(?)ということ


インターネット上を検索しても同じような事例が明確には見当たらないので私が書くしかないと思いました。

当サイトでは「検索されていそうでごく一部からの需要はとてもありそうなのに他に書いている人がいないこと」をよく書いていますが、これもその一環です。
YouTube動画にもしましたが、これはほぼ「現在のこと」です。
関連リンク:行政書士VTuberエリマコト 私の性別のこと

出生時〜幼少期の性別

女性です。男性としての特徴はなかったからです。名前も出生時の性別に基づくものですが、わりと名前と性別の関連は国や時代によって変わるものなのであまりそれに違和感はありません(私の名前は西洋系の言語圏でも主に女性名ですが…)。
出生時〜幼少期は女の子…だったようで、自らの最古の記憶と思われることが七五三で女の子らしい服を着せられることに泣いて抵抗したことだったり、性別がないのを理由に生まれ変わったらカタツムリになりたかったり、今思うと思春期以降のベースとなる傾向が皆無ではなかったです。

思春期からの性別

女性としての変化は起こらなかったわけではないですが、それ以上に男性として成長しました。
中学生以降から現在にかけて、インターネット上ではもちろん実際に会った人からすら性別が曖昧に思われるくらいです。

身長は157cmで成長が止まりましたが男性でも珍しい範囲ではなく、性差というより個人差の範囲でしょう。
11歳にして一晩で約1オクターブ変声し、喉仏が目立つようになりました。周りより早かったのでかなり喋ることや歌うことがイヤになりましたが、多かれ少なかれ男性なら経験することと思います。一時期は太っていて目立たなくなっていましたが、最近は痩せてきて再び喉仏が目立ってきました。
肩幅ががっしりしてきて胸囲が大きく(≠女性として胸が大きく)なりました。数値としては90cm前後あるのですが、おそらく一般に想像される女性の90cmではなく男性の90cmです。アンダーバスト(?)がおそらく80cmくらいあります。ウィメンズの服はまずサイズが合わないので着用できなくなり、中高生の頃はよく父の服や靴を借りたりもらったりしていました。現在も時々もらっています。結婚してからは配偶者🐧からもらうようになりました。
全身が毛深くなりました。これは平均的な女性より多く平均的な男性より少ない程度です。

結果として、なんだか気持ち悪い表現かもしれませんが、上半身が男性で下半身が女性になりました。
決してアレな意味ではなく(?)、実際に普段着ている服はトップスはメンズ、ボトムスはウィメンズが多いです。サイズが合うからです。両方見るので普段から服を買うのに人の2倍は時間がかかります。願わくばフォーマルな場でもそうしたいので、早くそういう時代来ないですかね。

精神的には、思春期は生まれた時の性別として成長するだけでもそれなりに負担がかかるものですが、私には単純計算で2倍近い負担がかかりました。周りと自分が違うことに対しての負担はそこまでなかったのですが、自分の性別についてはかなり長い間にわたって自分でもわからないことが多かったのでそこは苦しかったです。
現在は精神的には既存の概念で言えばノンバイナリージェンダーに近いですが、厳密には男性にも女性にもそれ以外にもなれるし、ある意味どれにも固定できないというところです。
子供の頃と同じく女性として女性用の服を着るのは苦手ですが、「女装」は割と好きになりました。
恋愛対象は…既婚なのであまり突っ込んだことは言えないですが、配偶者🐧に当初は男性だと思われていたこともあり、あまり恋愛や結婚に性別は関係ないのではとしか言えません。既婚なのでリアルな恋愛をしてしまったらよろしくないですが、有名人やキャラクターに対しては男性にも女性にもそれ以外にも恋愛感情に近いものを持つというか、あまり性別を気にしていません。

現在

もしかしたら何らかの病気や障害があってそうなっているのかもしれませんが、自分が生きていく上で何も困らないし命に別状はないので特に診断や治療をする気はありません。
「何も困らない」のがある意味異常かもしれませんが、自分を特にマイノリティだと思っていないというか、身体のことは関係なく精神については誰でも自分のようになる可能性があると考えています。配偶者🐧には申し訳ないようで、当初は男性だと思われていたり、服を貸してくれたりするくらいなのでそこまで気にしてはいないのではないでしょうか。
身体や外見については、もし私が女性として生きたかったり、逆に男性に性別を変更したかったりだとしたら何か不満もあろうかとは思うのですが、見た目が中性的というのは誰に何を思われようと私にとってはちょうどいいです。普段からジェンダーレスファッションができたり、無治療無加工無修正(最後いかがわしい)で上半身の露出の高い男性キャラのコスプレができたりします。そして「男性から女性として見られない」「女性から男性として見られない」というのは思いのほかちょうどいい(?)のですが、その代償として男性も女性も自分と同性とは思えない(ノンバイナリージェンダーに近い人はなんとか同性だと思えるがごく少数しか会ったことがない)という悩みはあります。
それでは飽き足らず本当に性別にとらわれないバーチャルな形態(エリマコト)を得ました。「エリマコト」の名前は「中性的な名前」「ハンドルネームと本名の両方と関係ある名前」「姓名の区切りが曖昧な名前」として気に入っています。

Posted in その他日記

関連投稿