メニュー 閉じる

自分が言われても平気なことを自分が言ったら誹謗中傷になるかもしれない。


こんばんは。YouTubeにも動画を投稿し、独自ドメイン取得とそこまでの経緯をお知らせしました。

独自ドメイン取得のお知らせ

私にとっては、一連の流れは負けを認めたわけでも自分が間違っていると認めたわけでもなく、新しいスタートのきっかけになったと前向きに捉えています。しいていえば削除のリスクが少しでもあるなら、削除されないところに記事を移しておいたほうが好ましいだろうというのはありました。

今後とも新しいサイトをよろしくお願いします。

話題に出しては不謹慎に感じられることもあるかもしれませんが、奇しくも本日はインターネット上での誹謗中傷が人の命を奪ったと考えられる件がTwitterで話題になっていました。寡聞にして被害にあった方を存じ上げませんでしたが、かつて事実無根の誹謗中傷の被害にあっていたスマイリーキクチさんをはじめ、多くの有名人の方が「インターネットの向こうにいるのも人間である」「現実では絶対に言えないようなことをインターネットでは言ってしまう人がいる」ということを指摘していました。

あまりいい例えが思いつきませんが、某バラエティ番組の人気企画であるババ抜きで最弱王になると、一般人にすれ違いざまに「最弱…」とささやかれることがあるそうです。それでも、ババ抜きが弱いことを理由に死ねだの殺すだのと暴言を吐く人はそうそういないだろうし、もし街中でそんな悪口を執拗に叫んでいたら現行犯逮捕も免れませんね。ところがインターネット上では、ババ抜きが弱いのと同じくらいくだらない理由でそんな悪口を平然と叫んでいるような人がいます。

正直、インターネット上では「自分が言われたら意見として平気で受け止められることでも自分が言ったら誹謗中傷になるかもしれない」くらいの慎重な気持ちでいたらちょうどいいくらいなんですが、残念ながらそれとは逆で「自分が言ったら意見だが同じことを自分が言われたら誹謗中傷」という考えの人があまりに多すぎます。悪口やなんのためにもならない文句、本人が公表していない個人情報の晒しなどは誰の目に見ても明らかな誹謗中傷であり許されませんが、「自分の考えに反する意見」「自分の間違いを正してくれる意見」を誹謗中傷として捉える人も同じくらい許されないように思います。

こういうことが起こる原因として、世の中には意外と「自分自身の持つ加害性」に関して鈍感な人が多いような気がします。自分が誹謗中傷する側やいじめる側などの加害する側に回るとは思いもしないうちにひどい言動をとっているということです。私自身は過去の記事にも書いたとおりかなり自分の持つ加害性に対して敏感なほうです。かつては私もこの加害性に対する敏感さを偶然関わった心ない人に悪用されることも今思えば少なくなかった気がしますが、今は少しその特性を客観視できるようになってきました。

編み物著作権問題を振り返ると、この件の手口は「相手のありもしない加害性を刺激する」というのがキーポイントになるように思います。

問題が明るみになる前やなり始めた頃は、一緒になって著作権侵害したとするチャンネルを非難する人や、「気づかないうちに著作権侵害をしてしまって動画やチャンネルが削除されるのでは」と疑っていた人もいたことを覚えています(実際は、「気づかないうちに似てしまう」ことは著作権侵害になりません)。そして、被害に遭ったチャンネルの方々も「自分が悪いのではないか」と思い込む、つまり自分が著作権侵害の加害者だと思いこむような状況に追い込まれていました。結果的に問題が大きく周知されることで、「今回の件は著作権侵害にあたらない」「被害に遭ったチャンネルは悪くない」ということが広まり、応援のコメントも増え、被害に遭ったチャンネルの方々も少しずつ以前のように動画を上げることができるようになってきました。

私はあろうことかかなり油断して加害妄想/加害恐怖の傾向が強いことをブログで暴露してしまったため、Amebaカスタマーサービスやコミュニティ投稿を通じてこの弱点につけ込もうとしているのではないかと思っています。問題があるとすれば弱点をわざわざ暴露したことでした。

といっても、この件に関しては多くの人に情報を整理して伝えているという利点のほうがよっぽど大きいと思っていることと、誹謗中傷にあたることや違法性がある発言はしていないという自信もあり、不思議なことに申し訳ないという気持ちが1ミリもわいてきません。

よって、コミュニティ投稿に追加されたコメントは私には一切無関係ですね。違法性のあることも考えの誤りも誹謗中傷も他人を追いかけ回すことも全く私には心当たりがありません。自己紹介でしょうか、というのは冗談としても、これはこの問題の初期にあったような「相手のありもしない加害性を自覚させる」という行為の一つであり、最近目立った不穏な動きがなかったからといって、決して口車に乗せられてはなりません。

例のチャンネルへの誹謗中傷や荒らしの禁止を呼びかけてむしろ事態の収拾を促すような記事すら削除対象に挙がっていたことについてはどう説明がつくのでしょうね。

Posted in その他の権利侵害全般

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です