メニュー 閉じる

自作のかぎ針ケースとかぎ針編み道具紹介


こんばんは。

本当なら動画でやってもいいようなことですが、今日は自作の編み針ケースとかぎ針編み道具を紹介します。

このようにプランドプーリングの編み地を活用してクルクル丸められるタイプの編み針ケースを作りました。

以前ミシンで作ったリラッ○マのかぎ針ケースは1年くらい使っていたらほつれてきたので、編んで作ることにしました。

残念ながら編み図には起こしていません。

左から順に紹介します。

①編み物用まち針
確かユザワヤで購入しました。まち針を刺しているところは綿を詰めて小さいピンクッションとして使えるようにしています。
②メジャー
フライングタイガーの裁縫セットに入っていたと思います。
③ハマナカ アミアミ両かぎ針ラクラク
1本ずつ買うより割安だったので通販で5本まとめ買いしました。現在と価格は異なりますが、購入時の価格は2604円、1本ずつだと700円ちょっとなのでかなり割安です。両かぎ針なので5本で10本分の役割を果たし、あまり単品で販売されていない7.5/0号・9/0号のセットもあります。使いやすいです。
ハマナカ ラクラクハンディセット H250-805
Amazon(アマゾン)
2,937〜3,850円

④ジャンボかぎ針

ダイソーで購入。7mm・8mm・10mmを入れています。あまり使わないのとかさばるのでここにはありませんが、12mm・15mmも持っています。

⑤はさみ・とじ針・糸通し・ミニミニほつれ止め

はさみと糸通しはセリアで購入。

とじ針もハマナカのセットを購入しました。

ハマナカ 毛糸とじ針 6本セット H250−706
Amazon(アマゾン)
293〜680円

ハマナカのミニミニほつれ止めはポケットの奥に入っています。

ハマナカ ミニミニほつれ止め マーカー H250-715
Amazon(アマゾン)
540〜1,600円

ブログと動画の使い分けに迷いますが、今回の紹介はブログのほうが向いていると思います。

ケースの編み方をもし紹介しようと思ったらそのときは動画にするかもしれません。

ブログにアフィリエイトリンクを貼るとしたら「自分で使ってみてよかったと思うものをぜひとも読者の方にも紹介したい」というのが大切で、それが本当に収益につながるかどうかは二の次だと思うのですが、最近このあたりの秩序が逆転しているブログが多く、情報の質が下がっていることが残念です。

—–

Posted in かぎ針編み

Related Posts

1 Comment

  1. Marilyn

    はじめまして&突然、コメント失礼します。
    編み物YouTube騒動をつい最近知った浦島太郎ですʅ(◞‿◟)ʃで、こちらのブログにたどり着いて詳細を知りました。ありがとうございます。びっくりしました。まさか編み物の動画でこんな騒動になるとは思ったこともありませんでした。
    自分は、自己流なので販売や動画アップなどもしたことなく、本でわからないとこは、YouTubeやwebで世界中の先生の知恵をお借りして編み物を楽しんでます。もちろんLさんのチャンネルも見たことありました。皆さんが編み物を楽しめることを願ってます。お体を大切になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です