メニュー 閉じる

YouTubeについて思うこと


こんばんは。私事ですがプロポーズから1年が経ちました。お互い社会人ということもあり交際当初から結婚は意識していましたが、はっきり言葉にして言われるとうれしいものでした。仕事柄、婚約指輪をつけられる機会はそうそうないので、ある実用的な記念品をもらいました。その件についてのブログを以前書いていましたがなんとなく消してしまったので、機会があればまた書きます。

今日はわりと思いつくままにいろいろなことを書いていきます。

S氏のチャンネルのほうは幸い今日も大きな動きはないようですね。

早いところ決着がついてほしいものですが、今のところ「S氏のチャンネルがYouTubeからのペナルティにより削除される」というのが最も有力に思えてきます。

動画をアップすることはできるようなのであまり釈然としません。また現状として、有名な海外パターンを日本語で検索するとS氏のチャンネルがわりと上位にくることが多いです。

一方でS氏にターゲットにされた他のチャンネルはより知名度を上げ、L氏のチャンネル登録者数は7万人を突破しました。

この件で新たなYouTubeチャンネルの発見につながった人も少なくないことは、不謹慎かもしれませんがある意味喜ばしいことにも思えます。

ところでTwitterでは、卒業式ができなかった子供たちに向けて某人気YouTuberがアップした動画に広告がついていないことが話題になっていました。私が見たのは炎上によって知名度を上げようとしていた別のYouTuberと比較するツイートだったのですが、実態を見てみると比較するのが失礼に思えるくらいです。別のYouTuberのほうは炎上によって最盛期よりチャンネル登録者が数十万人減少し、アカウントを何度か停止されたこともあるそうです。また、本人のTwitterアカウントを見ると「同じことを思いついていたのに先にやられた」などとどこかで見たことのある発言がありました。他のジャンルの一般的なYouTuberの世界でも同じようなことが起こると知ったのと同時に、停止されたチャンネルが復活する可能性もあることがわかりました。

とはいえ、編み物著作権問題が明るみになった頃を思い出すと、3度の著作権侵害申し立てによるアカウント停止の可能性があったことがこの問題が大ごとになった理由のひとつでした。YouTubeのアカウント停止も割と機械的で、規約になんら違反していないアカウントが突然に停止されることは決して珍しくないそうです。YouTubeのアカウント復活にも停止に対する異議申し立てが必要で、正当な理由が認められた場合に復活するようです。

編み物のジャンルでかなり多い部類となる6桁くらいのチャンネル登録者数のあるチャンネルについて調べてみると、どれも比較的長く(少なくとも5年以上)続いているチャンネルであることがわかりました。何もしていないのに突然チャンネル登録者数が減る場合の理由として、スパムアカウントがYouTubeの運営によって大量に削除されるということもあるようですが、それはもともと視聴の実態がないアカウントなのでなんの影響もありません。わたしは普段使っていないアカウントで動画を一本上げただけなのであまり説得力がないですが、何も悪いことをしなければ、わざわざチャンネル登録を外されることは少ないと思うので、長く地道に続けることが人気を得るには大切だと思います。間違っても、他のチャンネルを叩いて自分に注目を向けるなどあってはならないですね。収益化のハードルである「登録者数1000人以上、直近の12ヶ月間の総再生時間4000時間」というのは、登録者数はわかりやすい基準ですが4000時間は一見途方もなく感じます。といっても、私の場合、1分足らずの動画を1本、約2.8万再生で総再生時間は300時間を超えていますので、数分~十数分くらいの動画を地道にアップし続ければそんなに途方もない数字ではないように思います。

私は今のところブログを中心に発信していますが、最近は以前に比べて自分で考えた文章のブログが減ってきて、利益の追求だけを目的にしたブログが少なくないように思います。また、Twitterなどを見ていると、個人の利益の追求を目的にする人ばかりのジャンルは自然に廃れていくような実感があります。趣味を同じくする人全体のレベルの向上につながることを発信していくことが大切だと思います。

—–

Posted in YouTubeに関する問題

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です