メニュー 閉じる

YouTubeに蔓延する著作権詐欺 その実態に迫る


前回の編み物著作権問題の記事、たくさんの方が読んでくださりありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

ここでは「編み物」というジャンルを離れ、YouTubeに蔓延する著作権詐欺について実例をもとに考えたいと思います。

前回の記事で取り上げたS氏は詐欺ではなく、本気で自分に権利があると思い込んでいるように思えるのですが、YouTubeには金目当てで著作権を主張する輩があちこちに蔓延しています。
そして前回の記事でも書いたとおり、YouTubeは著作権侵害を申し立てられると処分保留として動画の削除や収益化停止などの措置をとらざるを得ないことになります。
いくつかの実例を紹介します。
・有名お笑い芸人 E氏
チャンネルを立ち上げるやいなや驚異的なスピードで多くの登録者を得た、好き嫌いが分かれるタイプであるものの実はいい人説があるお笑い芸人。
YouTubeとJOYSOUNDの契約により許諾されているカラオケ動画をアップするが、海外の詐欺グループによる虚偽の著作権侵害申し立てによって収益化を停止されてしまったことがチャンネルのスタッフによってTwitterに投稿される。
・ピアノ演奏者 7氏
「高校生の娘のピアノ練習風景を親が録画して編集しアップロードしているだけ」にもかかわらず、凄まじい更新頻度と確かな演奏技術で人気を集めるチャンネル。
実はわたしが著作権詐欺を最初に知ったのはこの方のチャンネルの概要やコメントからだが、今となっては流し読みしていたことが恥ずかしい。
YouTubeとJASRACの契約によって許諾されているJ-POPなどのピアノ演奏動画を多数アップしているが、海外の詐欺グループによる虚偽の著作権侵害申し立てによってこれまた多数の動画が削除され、この方のコミュニティ投稿はほぼそのことに関する愚痴や注意喚起である。
・ゲーム実況者 Y氏
わたしはゲーム実況は見ないので、被害についてはTwitterで得た情報しかない。
YouTubeと任天堂の契約によって許諾されているゲーム実況動画をアップしているが、詐欺グループによる虚偽の著作権侵害申し立て被害に遭い、異議を申し立てたところ取り下げられたとのこと。本人のツイートを要約すると「異議申し立てを怠ったら広告収入を持っていかれるところだった」とのこと。
【特別編】
著作権ではなく商標関連でYouTubeとはあまり関係ない(無関係ではない)
上記3名とは異なり詐欺の加害者
・商標ゴロ U氏(B社社長)
一部の人の間ではものすごく有名人。
流行語などを大量に商標出願するが、費用を踏み倒しているため特に意味はない。
ある数年前のYouTubeでの流行語をめぐり、報道番組の取材に応え、「正当な競争。先に出願してるから当社(B社)の勝ちなんですよ」と堂々と発言した。先に出願することで利益を得ることが目的との発言もある。現在の日本の法律では取り締まれそうで取り締まれない存在らしいが、そろそろ特許庁あたりに偽計業務妨害で訴えられてもおかしくない。
以上のように、ありもしない著作権や商標権を主張して利益を得ようとする不届きな輩は様々なジャンルに蔓延しています。
特にYouTubeに動画をアップしている人はこのような詐欺を行う者が権利を振りかざそうとする言動に惑わされず、毅然と対応してもらいたいと思います。

—–

Posted in YouTubeに関する問題

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です